これをやってはいけない! ~当塾の失敗談~

こんにちは。

今回は当塾で見られた失敗談をお話しします。

 

これを読んでいただければ

「勉強に時間を掛けても成績が上がらないのには、このような理由もある」

という事がお分かりいただけると思います。

 

それは

「得意な科目・分野しか学習しない」

「苦手な科目を後回し、あるいは手を付けない」

という「学習法」です。

う~ん、これは「学習法」なんでしょうか?

 

 

という訳で、当塾の実例です。

数年前、中学3年生に進級し「志望校も決まっている」というAさんがいました。

しかし、それまでののんべんだらりとした生活が変ることがなかったため、心配した保護者の方が私に電話をしてこられました。

そして、Aさん・保護者・私の三者で「次のテストで最高得点か順位を出せなかったら、しばらくは毎日自習室学習」と決めました。

当然、最高の結果など出るわけがなく、めでたく「自習室で缶詰」が決定。

本人も思うところがあったようで、きちんと自習室で学習を進めました。

 

次のテストでは、何と過去最高の結果になり「志望校が見えてきた」とみんなで喜んだのですが・・・。

その後、秋口から成績は伸び悩み。結局第一希望をあきらめ、第二希望の高校に進学しました。

 

さて、好スタートを切ったはずのAさんの成績が伸び悩んだ理由ですが

「Aさんは得意な科目・分野しか勉強しなかった」

ことに尽きます。

 

Aさんは「数学・理科が得意。でも英語・国語は苦手」という特徴がありました。

こうなると重点を入れて学習するべきは「英語・国語」であるはずです。

しかしAさんは好きで得意な数学・理科を中心に学習したのです。

これでは、苦手科目の理解・成績がアップするはずはありません。

 

Aさんの学習は「『この時間は勉強した』という事実を作るのが目標。苦手な科目をやらずに得意なものだけでいい」

ということですね。わたしは、このような学習態度を

「アリバイ作りのための勉強」「学習/勉強ではなく『作業』」と呼んでいます。

そして

「こんな時間の使い方は学習の理解度や成績アップにつながらない」と生徒さん、特に受験生に繰り返し伝えています。

 

「何のために勉強するのか?」について考えれば「学習の理解度や成績をアップさせて、受験に備える」という考えに到達します。

「目標は勉強することではなく、それによって理解度・精製アップにつなげ、志望校に合格することである」

ということを常に頭の中において、学習に取り組んでくれればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。