【不定期雑感】 緊張感がない?

こんにちは。

今後、毎回の水曜日の更新の他にイレギュラーで、塾の様子・状況等をお知らせしようと思います。

 

さて、4月も終盤に入ってきましたが、塾生の様子を見ているとちょっと気づいたことがあります。

「昨年に比べて、緊張感がない」ということです。

授業中も注意散漫になっている人や、問題を解くときのケアレスミスが多くなっているようです。

特に中学3年生にその傾向が強いです。

 

「去年と今年のメンバーの学力差はほとんどないのになぜだ?」と考えていて思い当たる節がありました。

昨年はコロナ化で学校が休校状態だったことです。

 

昨年の場合、学校での授業がなかったので、塾生は必然的に塾の授業中心に学習していました。

とはいえ、元々学校の学習内容を補強することが目的の塾の授業時間は、学校と比べると格段に少ないのです。

英数ならば半分程度です。

 

しかし、学校で授業があれば生徒さんはきちんと対応できたはずです。

だが、それがなかったので、絶対的な学習量の不足につながってしまっていたのが昨年です。

こうしたことから昨年は7・8月に行う「夏期講習会」を前倒しで5月に実施して、全体的な学習量の確保に努めました。

また、昨年の中3生も学校閉鎖という「異常事態」の中でも、なんとか学習時間を確保しようとする生徒さんが多かったですね。

これはコロナ禍のなせる緊張感でしょう。まあ「ああいう経験は一度で十分。毎年味わいたいとは思わない」というのが現高1生の本音でしょう。

 

けれども今年は「いつもと同じように」新学期は始まり、「いつもと同じように」授業もイベントも進んでいます。

いわば2年前に戻ったわけです。

こうなると「中3生の緊張感が出てくるのは部活終了後」という例年の「流れ」になってくるのは予想できます。

 

 

さて、間もなく東京や大阪を中心に4回目の非常事態宣言が出されますが、中学生ですら慣れてしまった現状に対し、我々大人は、こうした学童・学生に対してしっかりと範を垂れることが出来るのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です