難度は上がった! でもそれだけじゃない ~埼玉県の高校受験・傾向と対策②~

2017年度の埼玉県公立高校入試から、大きく変わった点があります。それは

「一部の高校で英語・数学の『学校選択問題』を採用したこと」

です。では、なぜこの学校選択問題が採用されるようになったのでしょうか?

 

学校選択問題を採用している高校を見ると、旧制中学校、旧制女学校など、

その地区の「進学校」と目されている高校が多いのです(2022年度入試では22校が採用)。

このことから考えられるのは、

2021年度からスタートした「大学入試改革への対応」

ということになります。

当初は「大学入試共通テスト」「記述式・論述式問題が増える」という方針もあり、埼玉県の教育委員会でもそれに対応したと言えるでしょう。

 

では実際に「学力検査問題(一般の入試問題)」と「学校選択問題」はどのくらい違うのかをご覧いただきましょう。

下の問題をご覧ください。いずれも2017年度の数学「4」の問題ですが、左は「学力検査問題」、右は「学校選択問題」です。

 

同じような2次関数の問題のように見えますが・・・。

 

この「4」は2次関数の問題ですが、完全に共通しているのは「aの値を求めなさい」という問題だけです。

「点Pの座標を求めなさい」という問題については、学力検査問題では説明付きですが、学校選択問題では答えだけを求めています。

その代わり学校選択問題では学力検査問題では見られない「1回転させて出来る立体の体積を、説明も書いて求めなさい」というかなり難度の高い問題が最後に出ています。

 

さて、学力検査問題の最後の出題(3)を解くには「相似」「面積比」「相似比」の知識が必要です。

これに対し学校選択問題の最後の問題(2)②には「円錐の体積」「1次関数の式の算出」「三角形の性質」「三平方の定理」「相似」等の理解が必要です。

つまり

学校選択問題を解くには、学力検査問題よりも多岐にわたる知識と理解が必要だ

という事がお分かいただけるかかと思います。

 

では、そのような「学校選択問題」や難度の上がった国語の「論説文」や理科・社会の記述・論説問題にはどのように対応すべきなのか?

一言でいうと

「同じような難度のレベルの問題を解くトレーニングをする」

という事になります。

 

その件については次回、もう少し具体的にお話ししたいと思います。

 

尚、以下の動画でもこの件を解説しています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。