「自習室の帝王に、俺はなる!」 当塾で大化けした生徒さん Part2

前回に引き続き「当塾で大幅に成績を伸長させて、第1希望校への合格を決めた受験生」の話を記します。

 

前回に引き続き、今回も

「志望校をある程度まで決めており、自分がその高校に行く時のイメージを作っている」

について記したいと思います。

 

という訳で、具体的な生徒さんの結果です。

 

Cさん  中2生11月模試 49.5  中3生最終模試 57.8  伸長 +8.3

Dさん  中2生 3月模試 46.8  中3生最終模試 54.6  伸長 +7.8

 

Cさんの場合「お父さんの母校の本庄高校に行きたい!」ということをかなり早い段階で言っていましたが、

実際に火が付いたのは中3の夏休みからです。

部活が終わり「ここからは勉強!」と気持ちを切り替えることに成功!

この夏休み以降、ほとんど毎日のように塾の自習室で学習を続けた彼は、当塾の

「初代自習室の帝王」

でした。

本庄高校については、お父さんから情報を得ていたようで「楽しい高校生活」をイメージできていたことが分かっています。

 

さてDさんの場合

「大学進学したいけれども、親に負担を掛けるのは嫌だから公立高校普通科」

「でも入ってからは出来るだけ学年の成績上位にいたい」

ということでその年から「特進クラス」を設置することになっていた深谷高校に進学。

特に学習成果が出てきたのは2学期の中盤位からで、その後は模試の結果は一度の下がることはありませんでした。

 

こうしてCさん、Dさんを見てみると

・ 保護者や年配者の意見を受け入れる柔軟性を持っている

・ 自分の状況をきちんと把握して、現状で出来ることに集中する

ことが大切なようです。

 

さて、次回も同じテーマですが、

「高校でやりたいことを実現するために、学習習慣をつけて勉強に取り組んでいる」について記したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。