2019年 埼玉県公立高校入試を検証する①  事前取り消しと当日欠席

不定期の更新になります。

 

2019年度埼玉県公立高校入試は昨日行われました。本日は一部の高校で面接・実技試験があり、また3月5日には欠席者を対象とした追試が行われますが、大部分の高校では昨日の入学試験で、今年度の入試結果が出ることになります。

 

そこで、本日から数回に分けて今年の高校入試を検証しようと思います。第1回目の今日は「事前取り消しと当日欠席」についてです。

 

本日の埼玉新聞では、全日制の高校では2月22日の確定志願者数が43,586人。これに対して事前取り消し者数は49人(0.11%)、当日欠席者数は36人(0.08%)になっています。

事前取り消しでは浦和高校(5人)、浦和一女(3人)、大宮高校(普通科2人・理数科1人)等、いわゆる進学校で出る傾向が強いようです。

 

また、当日欠席ですが、今年度より救済措置として追試が行われるため、この受験生の多くが「入試にチャレンジする機会を逃さずに済む」ということになります。

ですから、当日欠席や追試の影響がどう出るかは今後の結果を見て、ということになるでしょう。

 

という訳で、本日は「事前取り消しと当日欠席」について記載してみました。

次回以降は科目ごとに具体的な検証を行いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です