10月1日現在の倍率 【不定期雑感】

本日の新聞に10月1日現在の県内公立高校への進学希望調査が発表されました。

まあ。この時点では「希望的志望校」を答えている受験生も多いので、実態とはまだまだかけ離れています。

 

従ってこのアナウンスに気持ちを動かすことなく「まずは自分自身の『足固め』をすること」と受験生諸君は考えてくれればと思います。

 

来月にはこの地区の中学校でも三者面談が行われて、受験モードは否が応でも高まります。

「OO高校の倍率が高かったから、どうしよう?」と考えるよりも「どうすれば本番でも高倍率の中から抜け出すことが出来るか?」を考える方が、現時点では必要でしょう。

第一「どうしよう?」と考えることで、その高校の倍率が低くなったり、合格のレベルが下がったりすることはないのですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。