遅すぎませんか?

周辺の中学校では来週から二学期期末試験が始まるところが多い。それに合わせて当塾でも今週末から対策授業を計画している。
その為に各中学校の試験日程、範囲を確認しているのだが、大変気になる事があった。
それは当塾の生徒が最も多く通っている中学校の三年生の社会科の進度が、他の中学校に比べてかなり遅れている事である。具体的に言うと、公民分野の裁判所までがその範囲になっている。
しかし、二学期期末試験と言えば、経済の企業活動や流通辺りまでが範囲になっていなければ、冬休みまでに財政、三学期に世界と日本の関係について充分な学習時間が取れずに、高校入試を向かえる事になりかねない。
何故このような事になっているのだろうか?   実はこの中学校の社会科の進度が遅いのは、三年生だけでなく、一年生・二年生も同様なのだ。基本的に各中学校の社会科の授業時間は変わらないはずなので、当該校の社会科の先生方にはもう少し授業に工夫をして戴けるとありがたいところだ。
当塾では定期試験の前に重点的な学習をする他、三年生になると公立高校の入試対策として一年間かけて理科と社会科のポイント学習を行う。例年1月末に行われる最後の模擬試験までには中学校の全課程を終わりにしている。週一時間の授業時間でもそこまで出来るのだから、中学校に出来ない訳はないはずだと思うのですがねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です