豹変!

先週行われた埼玉県公立高校入試についてコメントする予定だったが、日曜日に行われた中3生の打ち上げパーティーについてお話ししようと思う。
この打ち上げパーティーは毎年、入試直後に行っており、解放感からか盛り上がる事が多い。昨年は女子のみのパーティーだったが、みんなハイ・テンションで、用意したピザが足りずに慌てて追加注文をした程だった。
ただ、今年は大人しい受験生が多かったので「今回は淡々と進むかな」と予想していた。
ところで、パーティーの前日、高校の予習をする「高校スタート講座」に来ている女の子から「パーティーにCDを持ってきてもいいですか?」と聞かれたので「もちろんOK」と返事をした。
さて、彼女が当日持参したのは、大好きなアイドルグループのベスト盤2枚。「これをBGMにしようという事か」と勝手に考えていた。
ところが「乾杯!」でパーティーが始まると、そのCDをかけ始めた彼女がしたのは……マイクの代わりにシャープペンシルを片手に持ち、CDに合わせてノリノリで熱唱開始!
普段の授業では、こちらが質問すると下を向いてしまったり、言葉に詰まったりととにかく「大人しい」「静か」という印象の彼女の豹変ぶりに、文字通り「唖然」としてしまった。
否、それは私だけでなく、中学校での彼女を知っている他の中3生も全員呆気に取られた。そしてそのギャップに堪えきれずに笑い声が起こった。そんな中、彼女の熱唱は続く。彼女の前に座っていた男子は「我慢できない!」と下を向いてしまった(写真のシーン)。
結局、パーティー終了までの二時間、ほぼ彼女の「リサイタル」は続き、気がついてみれば「今年の打ち上げパーティーも大いに盛り上がった!」という印象が残った。
そして私は「授業で見ている姿が、その生徒の100%の姿ではない」という当たり前だが、教職にある者が忘れてはならない事を再認識させてもらった。彼女には感謝である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です